おつまみ春夏秋冬

西蒲田:立ち飲み処勘蔵主人のメモ帳

熊手

141126_140906 - コピー  141126_140906 - コピー
 11月22日(土)二の酉で、大森で熊手を買ってきました。二万円でした。何時も思うことは、何もかも便利になり合理的な時代に、何かを信じたり何かに祈るという気持も大事ではないかということです。酉の市の熊手は、商売繁盛・家内安全の縁起物です。勘蔵敬って棚に飾っています。
 今日は雨、お客様の足も遠く成ります。そんな時に熊手を見ながら手を合わせている私です。ちなみに昨年、同時に買った宝くじ、5万円当たりました。今年は、そんな欲はかかずに商売に励みます。来年はいい年になる様に願うばかりです。

スポンサーサイト

PageTop

素朴な味と季節の惠み

141119_211136.jpg 141119_212840.jpg
 11月19日(水)の6時30分~7時30分、夕食に行きました。おでん(大根、人参、こんにゃく、さつま揚げ、つみれ、ちくわ、ハンペン、鶏手羽元、銀杏串、サトイモ、厚揚げ、昆布)と、鉄火味噌、おから煮、白菜漬、マカロニサラダ、ご飯、それに毎回ご馳走になる10年物自家製梅酒一杯、〆て950円。とてもほっとする素朴な、季節の味でした。さて 日本料理は、四季を味わう物! 良く考えて,銀杏は池上本門寺で収穫した物。この人あの人を思いながら拾っていたのでしょう。森の惠み、1串味わい、「濃厚でホクホクミルク」。 秋ですね! さて、おでんは、なんてたって、大根は柔らかく出汁が染み込み抜群の旨さ。私の大好きな里芋あいかわらず(旨い)! 不思議な鉄火味噌は、よく田舎の母親が小荷物の中にそっと! これがまた、豆が硬いのです。まったくいっしょです。かめばかむほど味が出る。味のないおからは、脇役ががんばって味を出していました。さてさて、ここまできたら私は、ほろ酔い気分! 仲良しのご夫婦、そのお孫さん「ハッチャン」、裁縫の得意な婦人、先生、奥様。(訂正版) 
 

PageTop

おせち料理の献立

IMG_1386.jpg IMG_1385.jpg
 今日は11月19日。そろそろ正月の料理考えないと、あっと言うまに日がたちます。正月のおせち献立として、玉子焼き 紅白なます 昆布巻き 鶏八幡巻き 数の子 松前漬け 煮しめ 田作りなどを考えています。数の子・松前漬けは12月20日頃から、紅白なますは25日頃から、昆布巻きは28日頃から…と、ゆっくりと味を染み込ませるべく、予定を組んでいます。
 世間で宣伝しているおせちは、高塩分・高カロリーで、しかも値段も高いです。 勘蔵で安くて旨い本物の味を、堪能して下さい。

PageTop

年末イベント

 今年も余すところ一ヵ月半、勘蔵も様々なイベント事をしてきました。さて残りわずかのイベントとして、11月24日ハッピーマンデイ「チラシご飯」、12月23日クリスマスパーティー、12月28日餅つき大会、12月31日樽酒鏡割りで〆たいと思います。乞うご期待!
140101_002644.jpg  130101_001806.jpg
        (写真左は昨年の、右は一昨年の大晦日風景)

PageTop

ハッピーマンデイ 大フィ-バー!

141103_160645 - コピー 141103_161940 - コピー141103_173546 - コピー 141103_174006 - コピー 
 11月3日ハッピーマンデイは、「文化の日」にふさわし一日でした。昼間は、OTAふれあいフェスタ「アマチュア音楽祭」に行き、太陽の下でお仲間さんとお酒を飲み、おしゃべりをして、音楽を聴き、ゆっくり過ごしました。さてそこからが? 勘蔵は4時オープン、フェスタからの流れで大賑わい。飲めや歌えや、大騒ぎ!! あまり騒ぎ過ぎて三人のお巡りさんまで駆け付ける始末。勘蔵平謝りでした。
 この日のメイン料理「鶏飯」は、味つけがばっちし! 大根飯に鶏肉の味が調和して大変美味、まるで素敵な音楽のよう(自讃)。秋も深まりつつあります。こんどは、秋らしく味わい酒をお楽しみ下さい。
141103_185043 - コピー 141104_004204 - コピー

PageTop