おつまみ春夏秋冬

西蒲田:立ち飲み処勘蔵主人のメモ帳

鏡開き

 今日は11日、鏡開きです。日本の暦では、お供えした鏡餅を下して食べる日ですが、勘蔵ではお正月用の餅を全て、揚げたり、煮たりして食べてもらいます。仕事も始まり忙しい毎日、勘蔵はそんな人達のために、春夏秋冬を提供して味わってもらうよう、本年も頑張ります。  

PageTop

二の酉

 今年もあと一か月となり、大森の鷲(おおとり)神社で熊手を買って来ました(11月23日)。かれこれ10個目、よくここまで続いたと思います。始めた頃は、ちっちゃい物が今や「3万円」に! 余り神々を信じない方ですが、商売やっていますと言葉では表せない、人と人のつながりを呼び寄せる力が、明るくきらびやかな熊手の装いから感じとられます。いつも熊手に手を合わせ、お客様が来ますようにと願っています。勘蔵より。
161130_140239.jpg

PageTop

今年も年中行事を!

150111_205631.jpg 150111_205657.jpg
 勘蔵は、お蔭様で順調に日本の行事をこなしています。毎年こんな形でやっていますと、いろんな思いを感じます。さてどんなこと!
 日本には四季があり、いろんな食材があります。その中に、日本の行事もあります。旬の物を使いその日に合わせて作ります。作る人、食べる人、見る人、喜ぶ人、酔う人など、いろいろ! 昔の人は、集ってこんなことをやりながら、一人一人が元気づけられたのでは!
 忙しい毎日、勘蔵で昔ながらの行事をおこないながら元気一杯になりましょう。
 1月11日は、お供えの大きな鏡餅をノミで割り、焼餅であんころ餅にしました。これで勘蔵のお正月も終わりです。次は2月3日豆まきです。乞うご期待!

PageTop

九回目のお正月

150101_011259.jpg 150101_020459.jpg
 月日の過ぎるのは速いもので、勘蔵のお正月も九回終わりました。毎年いろんなことがありますが、皆様のお顔を見ながら今年も益々飛躍したいと思います。今日は、1月7日、春の七草粥の日。無病息災を願いながら、お客様と共に楽しみたいと思います。どうぞお越しを。

PageTop

熊手

141126_140906 - コピー  141126_140906 - コピー
 11月22日(土)二の酉で、大森で熊手を買ってきました。二万円でした。何時も思うことは、何もかも便利になり合理的な時代に、何かを信じたり何かに祈るという気持も大事ではないかということです。酉の市の熊手は、商売繁盛・家内安全の縁起物です。勘蔵敬って棚に飾っています。
 今日は雨、お客様の足も遠く成ります。そんな時に熊手を見ながら手を合わせている私です。ちなみに昨年、同時に買った宝くじ、5万円当たりました。今年は、そんな欲はかかずに商売に励みます。来年はいい年になる様に願うばかりです。

PageTop