FC2ブログ

おつまみ春夏秋冬

西蒲田:立ち飲み処勘蔵主人のメモ帳

勘蔵しもつかれ

 節分も、終わりました。勘蔵は、その残りの豆と、正月の鮭の頭と、だいこんで「しもつかれ」を、2月9日(日曜日)(節分の終わった時の初午の日)に作りたいと思います。さらに、その時赤飯も提供したいと思います。昔の風習ですが年に一度の行事、作る方、食べる方、現代では受け止め方は色々ですが、皆さんの無病息災を願ってやることです。そういう事が目配り出来る人になって、食べる人にもそれをわかっていただきたいと思います。勘蔵ともどもの長生きを願って、勤めたいと思います。

PageTop

「豆」のお正月

191223_150340.jpg 191223_150349.jpg
 12月24日は、勘蔵では、チキンの料理を出してクリスマスを迎えたいと思います。酒の摘みには、持って来いですね。さてそれが終わると勘蔵は、餅つき大会(12月30日)の準備です。年に一度の、「餅をみんなで食べる会」! その為に、勘蔵手作りのあんこを仕込みたいと思います。二日間も小豆を水にふやかしてから、ゆっくりと炊き上げます。味付けは、砂糖ではなくて、塩味にしたいと思います。意外に、乙な物! 益々お酒が売れそうな! 店主も楽しみな日です。
 これでお正月を気持ち良くお迎えします。

PageTop

勘蔵新メニュー

191106_133705.jpg 191106_133719.jpg
  勘蔵は、新しいタイプのメニューを考えています。
 蒲田かいわいには、ラーメン屋サンが多くあります。魚だしと肉スープを合わせたラーメンスープが受けています。ですので、勘蔵は、それにあやかってカレールーを作ってみました。煮干し(写真左)と昆布(写真右)のだし汁に肉スープを合わせ、カレールーを加えたものです。この特製カレーをカツにかけた新メニュー「魚粉カレー」を売り出したいと思っています。皆様ぜひご賞味ください。

191106_133739.jpg

PageTop

イナダでもう一杯!

191016_141127.jpg 191016_141253.jpg
 秋も深まり、昼間も肌寒く感じる今日この頃です。
勘蔵の料理も段々秋めいて来ました。魚も、イナダが釣れ始めました。出世魚でイナダ、ハマチ、ブリと名前が変わりますが、美味が楽しめる魚です。 
 10月15日に、常連さん(藤咲)が船で釣って来てくれました。早速刺身にして食べたイナダは、若々しいフルーティな味わいでした。海から秋の力を感じました。これから冬にかけて、イナダが大きくブリに成る味を待っていたいと思います。
 これは、店頭では買えない味です。釣り人さんたちも分っている味です。私は、人の力も感じ取って、取れたての魚をウキウキしながらさばいています。これでもう一杯、お金になります。店主ニッコリ!

PageTop

天地返し

190617_140055.jpg 190617_140219.jpg
  東京も梅雨入り、そろそろ味噌も天地返しの時期に成りました。倉庫から厳寒二月に作った味噌樽を出してきて蓋を開けて、天地返しをしてタッパーに入れ替え、冷蔵庫に保管。味噌は、日本文化そのもの! 地球の地軸の傾きによる公転、春夏秋冬を考えてる食材! 必ずやって来る寒さから暑さまで! 良くできたものです。さらに発酵食品ですので体にいいと聞いてます。それに付け加えて、コクと旨味、手作り味噌味です。  
 もうしばらく我慢、10月ごろお出ししますので、勘蔵に一杯飲みに来てください。

PageTop