FC2ブログ

おつまみ春夏秋冬

西蒲田:立ち飲み処勘蔵主人のメモ帳

7月7日流し素麵大会

7月7日七夕
 7月となり雨の日が続いてカラッとしません。勘蔵は7月7日(火曜日)流し素麵大会を開催したいと思います。7時と9時の二回素麵流します。年に一度ですがあっと言う間の出来事と感じ取れます。四季の代わり目に一つ事を見つめるのも、いいことです。チームフローといいますが、勘蔵で同じことを考えて過ごしましょう。伝統的日本文化は、いいものですね。勘蔵、これにあやかり営業しますのでよろしくお願いします。

PageTop

勘蔵と社会の役割

 コロナも段々収まりつつ、社会も動き始めました。勘蔵も相変わらずに営業しています。常連さん達に恵まれて、毎日灯りを灯しています。疲れきって入ってくる方、自宅待機の方など、様々ですが、人と接してしゃべる事の大切さを、コロナで感じました。勘蔵も社会の一端を担っていると思うと、励みになります。皆さんのご来店をお待ちしています。

PageTop

コロナに負けずに

皆さん,世界のコロナに負けずに頑張りましょう。勘蔵は、毎日営業しています。しばらく更新休んでいましたが、これから頑張ります。

PageTop

勘蔵流しラーメン大会

160705_132403.jpg 160705_132422.jpg
 勘蔵は、しもつかれも終わり、あっという間に2月もなかばになりました。ここまで来たら次のイベント、冬の流しラーメン大会を2月23日(日曜日)に予定しています。
 辛いつけ麺汁を作り流したラーメンを食べてもらいます。 一つのイベントとして、みんながそれに振り向いて、同じことを考えられる事は、良いことだと思います。それによって、人と人の心が合わさります。勘蔵はみんな仲良く相手のことを分り、いい仲間になっていただきたいと思います。小さな酒場「勘蔵」より

PageTop

勘蔵しもつかれ

 節分も、終わりました。勘蔵は、その残りの豆と、正月の鮭の頭と、だいこんで「しもつかれ」を、2月9日(日曜日)(節分の終わった時の初午の日)に作りたいと思います。さらに、その時赤飯も提供したいと思います。昔の風習ですが年に一度の行事、作る方、食べる方、現代では受け止め方は色々ですが、皆さんの無病息災を願ってやることです。そういう事が目配り出来る人になって、食べる人にもそれをわかっていただきたいと思います。勘蔵ともどもの長生きを願って、勤めたいと思います。

PageTop